Home学校生活 小中合同一覧



[最初へ] [前へ] [2] [3] [4] [5] [6] 

■ワックスがけ [2018/08/03up]



7月下旬から8月初めにかけて,本校の各教室や廊下のワックスがけの作業を行いました。約10名の学校用務員の先生を中心として,舞鶴小中学校の職員や,中学校の部活動生も参加しながら,全員で力を合わせて,汗だくになりながら,ピカピカに仕上げることができました。

ワックスがけの写真






■小中合同人権研修 [2018/08/01up]



3日(金)の午後,人権教育研修を行いました。講師として,こども短期大学の教授である,武部愛子先生に来ていただき,研修を進めました。先生の講話を通して,児童に対する具体的な支援のあり方や,学校に求められる役割について,深く学ぶことができました。

小中合同人権研修の写真






■小中合同研修会 [2018/07/31up]



31日の午後は,「楽しい学校生活を送るためのアンケートQ-U」をテーマとして,午前中同様に小中合同の研修会を行いました。講師は九州産業大学教授でいらっしゃる長須正明先生でした。前半は,現代の教育界を取り巻く流れを中心とした講話,後半は各学級のQUアンケートを基にした分析。こちらも学び多き研修となりました。

小中合同研修会の写真






■小中合同キャリア教育研修会 [2018/07/31up]



夏季休業中は,様々な研修会を通して,我々の教育実践力を高めることのできる大切な時期です。31日の午前中には,佐賀市立小中一貫校芙蓉校より房本裕子先生を講師にお招きして,小中合同で研修会を行いました。テーマは「先進校に学ぶキャリア教育の考え方,授業づくりおよび評価」。本校の2学期からの,各学年のキャリア教育の授業実践に向けて,職員一同真剣に取り組みました。

小中合同キャリア教育研修会の写真






■1学期小中合同終業式 [2018/07/20up]



校長先生の話。お米がたくさん入った米櫃にお米を一粒入れても,増えたかどうかはわからない。けれどもそれを長い間続けると,増えたことがはっきりわかるもの。『皆さんにも同じことが言えます。小さなことでもコツコツと積み重ねていけば,大きな成果を得ることができるのです。逆もまた同じです。1日や2日手を抜いてもわからないけれど,それをずっと続けてしまうと・・・。』長い夏休みを前に,小さな努力を継続してい

1学期小中合同終業式の写真






■平成30年度1学期始業式 [2018/05/10up]



平成30年度がスタートしました。 校長先生の話 「始業式は大切な節目。これまでの自分を振り返り、目標をもって取り組みましょう。中学生は、自分のあるべき姿を見つめ、そのために必要なことを逆算して目当てを設定することが大切です。学校も5年目の節目を迎えました。皆さんの姿が自慢できる学校にしましょう。キャッチフレーズを「静かな学校元気な学校」として皆さん1人1人が取り組みましょう。」

平成30年度1学期始業式の写真


















[最初へ] [前へ] [2] [3] [4] [5] [6] 

[Homeへもどる]