本文へスキップ

平成29年度 生徒会スローガン
 光 彩 ~一人一人が輝き 開花せよ~

学校紹介profile

学校概要

校長 野口 修司

 松崎中学校は現在、福岡市内で3番目に新しい学校で、開校25年目を迎えています。
校舎や校庭のつくりも独特で、正門をくぐると「チェリーロード」という桜並木とレンガばりの美しい坂道を登り、
2Fの玄関から校舎に入ることになります。
名島小学校からの入学がほとんどで、「一小一中」の中学校です。
現在、1年生5クラス、2年生4クラス、3年生5クラス、特別支援学級(さくら学級)1クラスで、仲良く過ごしています。

平成29年度4月現在

校訓

 

自律 主体的に考え行動できる自律した生徒

敬愛 互いのよさを認め合い 相手も自分も大切にできる生徒

勤勉 目標をもち 誠を尽くし努力する生徒

 

校歌紹介

 
 松崎中学校校歌  
        作詞 毛利 三郎
         作曲 安永武一郎

   一、歴史に薫る 多々良川
     光豊けき 陽おもてや
    風は学びの 丘に吹く
    自律の気迫 ほとばしり
    あゝ希望 掲げん
    われらが 母校 松崎中学校  

   二、那之津の海の 水あさぎ
    雲、遙かなる 空翔けて
    若き眉上ぐ この港
     敬愛の情 花と咲く
    あゝ睦み 語らん
    われらが 母校 松崎中学校

   三、筑紫の沃野 まなかひに
    文化の栄え 見はるかす
    伸びよ明るく わが誠
     勤勉の実 培ひて
    あゝ努め 励まん
    われらが 母校 松崎中学校

生徒会の歌

  「忘れないでおこう」
     作詞・作曲  財津和夫  

一 ここには 大きな川がある
   川がある
   キラキラと水面ひからせて
     君の横顔照らしたね
     忘れないでおこう
     この川のように
     絶え間なく歩くことを
    それぞれの明日へ


ニ ここには 豊かな海がある
     海がある
  水平線に肩を並べて
    二人の未来夢見たね
  忘れないでおこう
    この海のような
  大きさで生きることを
    それぞれの明日へ


三 ここには 高い空がある
     空がある
   放課後に君と走ったね
     グランドを息が切れるまで
     この空の高さと
     君の瞳に誓うよ
   どこまでも青く澄んだ
     心を育てると   

 この歌は,松崎中学校創立十周年を記念して後輩である在校生に対して同窓会会員から贈られたものです。「生徒会の歌」が同窓会会員の手で企画されたのは,平成9年でし た。その当時の同窓会会員は,いつまでも心に残るものを贈ることはできないか,と考えました。「生徒会の歌ならいつまでも歌い継いでいくことができる。そ んなすてきな歌は贈れないだろうか」この思いを出発点に同窓会は動き出しました。
 様々な論議の中から,財津和夫氏が名島小学校卒業生,そして松崎中学 校の母体校である多々良中学校の卒業生であることを知りました。同窓会員には,当時流行したテレビ番組「一つ屋根の下で」の挿入歌になっていた「サボテン の花」の作曲者として知られていました。また,保護者や先生たちには,その青春時代に数多くのヒット曲を放った「チューリップ」のメンバーとして知られて いました。
 同窓会員は,財津氏の作曲依頼を考えましたが,氏は全国的に活動して いる音楽家です。その趣旨が素晴らしく,賛同されたとしても,様々な困難な課題が脳裏をかすめ,半ばあきらめの気持ちもありました。しかし,「不可能だと あきらめるより,21歳の若さでアタックしてみよう」と創立十周年の2年半前,平成10年の秋, 願いを込めて氏に手紙を書きました。手紙には松崎中学校や多々良川,名島神社や名島海岸,そして運動公園の写真が添られ,当時のPTA副会長 の矢野氏を介して届けられました。願いは氏に届き,「忘れないでおこう」が平成131110日の創 立十周年記念式典において,関係者が集う中で初めて在校生によって発表されました。その手紙 の中で当時の校区の風景が紹介されています。

 「名島付 近も昔とは大きく変わっています。生徒会で今年2回掃除した名島神社前の海岸沖では,埋め立て工事の建設機械が動いています。天神地区への都市高速道路も 走っています。多々良川河畔の整備も進み,松崎地区の水田も随分少なくなりした。香椎のJR操作場は,鹿児島本線の上下2本の線路が 走るだけとなり,近いうちに再開発されるそうです。松崎にあったゴルフ場跡地には大きなマンションも建っています。私たちの松崎中学校は松崎神社を移設し てその谷を埋めてできた高台にあります。屋上に上がると福岡市が一望できます。夜になると町の灯りが素晴らしくきれいなところです。」

 時代とともに変わりゆく校区の風景の中で,忘れてはならないことをこの歌は優しく語ってくれます。そんな願いを込めて生徒から生徒へと受け継がれて行くことと思います。

学校全体計画

松崎中学校教育の全体計画

 本校の教育の基調
 日本国憲法,教育基本法,学校教育法,その他関係法規に基づき,個人の尊厳を重んじ,真理と正義を希求し,公共の精神を尊び,豊かな人間性と創造性を兼ね備えた人間の育成を期するとともに,伝統を継承し,新しい文化の創造を目指す教育を推進する。

 本校の教育目標
 豊かな心・学力・社会性を身につけ,主体的に考え行動できる生徒の育成
福岡スタンダード「あいさつ・掃除,自学,立志」の推進と定着

 めざす学校像 めざす生徒像   めざす教師像
子ども一人一人が大切にされ,安心して生活できる学校
 自 立
主体的に考え行動できる自立した生徒
 【掃 除】
生徒への愛情や使命感をもち,情報共有・共通実践できる教職員チーム
保護者・地域・小学校と連携し,「共育」する学校
 敬 愛
互いの良さを認めあい,相手も自分も大切にできる生徒
 【あいさつ】
授業力,生徒理解力,危機管理力をもった協働する教職員チーム
教職員がやりがいを感じる学校
勤 勉
目標をもち,誠を尽くし努力する生徒
 【自学,立志】
「誠を尽くす」対応ができる教職員チーム

 教育方針
(1)多文化社会を共に生き抜く心豊かで主体性のある生徒の育成に努める。
(2)全職員で情報共有し,計画的・組織的な学校運営を行う。
(3)学力・社会性を身につけた生徒の育成に努める。
(4)「新しいふくおかの教育計画」に基づき,保護者・地域・小学校等と連携を深め,開かれた学校・特色ある学校をつくる。

 本年度の重点目標
(1)いのち(安全・防災)の教育・・・いのちを守る安全教育の充実,小・中・地域合同防災訓練の実施〔11/11(土)〕
(2)確かな学力の向上・・・授業改善の取組,学力を全国平均より「やや上回る」以上へ,分割授業による少人数指導の実施
(3)豊かな心の育成,社会性の向上・・・道徳教育・人権教育の充実,規模意識,自尊感情,人権意識を高める,QUの活用,考え議論する道徳の授業公開(A事業)
(4)不登校・いじめの未然防止・・・不登校対応教員の取組,別室登校の生徒への対応,不登校,別室生徒の学力保障,個別の支援会議(学期1回)開催,学校復帰目標50%
(5)特別支援教育の推進・・・合理的配慮,インクルーシブ教育,将来の自立への支援,進路保障,個別の支援会議(学期1回)開催,授業改善への取組(ここを原点に)
(6)保護者・地域・小学校との連携強化・・・学校公開,HPや学校だよりで情報公開,保護者・地域・小学校との共育で信頼,子育てに関する相談,小中連携,小中共通の学習・生活目標の設定
(7)教職員の「和」・チーム力向上・・・情報共有・共通実践,適材適所の配置,自律的に機能する職員チーム,常日頃のコミュニケーション,OJP

沿革史について

ご覧になりたい期間を選択してください。

 平成4年〜平成10年  平成4年〜平成10年までの沿革史(PDFファイル)
 平成11年〜平成20年  平成11年〜平成20年までの沿革史(PDFファイル)
 平成21年〜  平成21年〜現在までの沿革史(PDFファイル)

福岡市立松崎中学校

〒813-0035
福岡市東区松崎1丁目52番1号

TEL 092-682-0031