沿革


1947年(昭和22年)
           4月 福岡高校の校舎を一部、借り受け福岡市立千代中学校発足。(6学級300名)
               初代校長 森下 勇着任
1948年(昭和23年)
           4月 2年生が本校舎に移り、福岡高校の校舎は、分教場とし1年生が使用。
1949年(昭和24年)
           9月 分教場を閉鎖し、全生徒を本校舎へ収容。
1950年(昭和25年)
           4月 第2代校長 岡部 政雄着任
               第1次拡張 第2次拡張が行われ、千代中学校の敷地が広くなる。
1956年(昭和31年)
           4月 第3代校長 青谷 國太着任
               千代中学校の講堂が改修され、新しくなる。
1960年(昭和35年)
           4月 第4代校長 湯浅 義男着任
1964年(昭和39年)
           4月 第5代校長 橋本 友美着任
1967年(昭和42年)
           4月 第6代校長 萩野 久着任
1968年(昭和43年)
           4月 博多保育所の跡地が千代中学校の敷地となる。
1972年(昭和47年)
           4月 第7代校長 藤 正門着任
1973年(昭和48年)
           4月 第8代校長 八尋 静夫着任
1975年(昭和50年)
           4月 第9代校長 園田 徳一着任
               福岡市教育委員会より学校表彰を受ける。
1976年(昭和51年)
           4月 第10代校長 井上 光着任
               福岡県教育委員会より教育表彰・保健優良校表彰を受ける。
1980年(昭和55年) 
           4月 第11代校長 八尋 静夫着任
1981年(昭和56年)
           4月 第12代校長 藤井 昭着任
1984年(昭和59年)
           4月 第13代校長 渋田 敏行着任
               本校舎の解体工事が始まる。
1985年(昭和60年)
               新校舎が完成する
1986年(昭和61年)
           4月 第14代校長 川口 仁三郎着任
               校碑が設置される。
1990年(平成2年)
           4月 第15代校長 新里 武雄着任
1992年(平成4年)
           4月 第16代校長 真鍋 数嗣着任
1994年(平成6年)
           4月 第17代校長 青柳 好晴着任
1995年(平成7年)
           4月 第18代校長 桑野 素行着任
1996年(平成8年)
               九州大学病院内学級が階級する。
1998年(平成10年)
           4月 第19代校長 星野 良祐着任
1999年(平成11年)
               各教室に冷房除湿器が設置される。
               第1回鍛錬遠足(23km)が開催される。
2000年(平成12年)
               第1回千代校区合同体育祭が開催される。
2001年(平成13年)
               第1回まちクリーンアップが開催される。
               学力向上研究推進協力校区事業報告会が開催される。
2003年(平成15年)
           4月 第20代校長 飯田 虎男着任
2006年(平成18年)
               院内学級が旧館から新館へ移設される。
               第21代校長 鬼木 啓三着任
               新図書館が開設される。
2007年(平成19年)
           4月 第22代校長 中村 善治着任
               千代中学校が一ヶ町として博多祇園山笠に参加。
2010年(平成22年)
           4月 第23代校長 永島 和仁着任
2012年(平成24年)
           4月 第24代校長 河野 敏春着任
2015年(平成27年)
               福岡市教育委員会より学校表彰を受ける。
2016年(平成28年)
           4月 第25代校長 細田 秀樹着任