「自分でつくる手作り弁当の日」実施について

6月23月曜日・11月23日火曜日

今年度は、「手作り弁当の日」は年2回です。今年度も子どもたちの主体的な動きを見守ってください。

 ルールは、「自分で作る。」「点数は付かない」
 献立作り、買い出し、調理、弁当詰め、片づけまで、全部、やるのは子ども自身。親も先生も、決して弁当に点数をつけたりはしてはいけない。


 こっそり親に手伝ってもらう子がいても、はじめはそれでもいい。全部自分で作った友だちの弁当を見るうち、きっと「次は自分で作ってみよう」と心する…。


1.
目 的 「食育」推進 → 食生活の改善 → 家族の健康と生活習慣の見直し

○ 生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性を育むため、様々な経験をとおして「食」に関する知識と食品を選択する力を習得し健全な食生活を実践することができる生徒を育てる。

○ 食材、生産者、調理する人など様々な「感謝」の思いを喚起し、「命」に対する畏敬の念を育てる。

  ○  自らの食生活を見直すことから、家族の健康や「生き方」を考える機会を発信する。

2.参 考

   「弁当の日」は子供たちが弁当を手作りする食育運動として、平成13年に香川県の滝宮小学校で スタート。やがて全国に広まり小中学校を中心に1016校が   実施(2012年4月23日現在)。福岡市では113校が実施。小中学校だけでなく、九大・西南大・中村大や太宰府高校そして学校以外の団体にも広がっています。

スライドショーを見る

2015年11月24日のおべんとうたち
NEW!
スライドショーを見る
2015年6月23日のおべんとうたち
・二年目の「おにぎり弁当」フォトブック
・はじめての「弁当の日」フォトブック

詳しくは下をクリックしてください。

保護者のみなさまへのご案内