校章の由来

平横手の意味は、田に水を導くための土堤の事であり、水のあるところには文化も栄えた。
 従って校章は、横手という地名の手を右に倒し中学の中と組み合わせたものとし、布地の緑は
大地を表し、校章は稲穂の黄金色を意図したものである。
 

戻る