学生サポーター 本文へジャンプ
学生サポーターとは
福岡市教育委員会と協定を締結した大学の「派遣計画書」に基づいて,福岡市立の学校や幼稚園に派遣され,授業や学校行事の補助,課外活動の支援など,学校職員の補佐役として,さまざまな教育活動に参加する学生のことです。

◆「学生のまち福岡」ならではの制度
福岡市は,22校もの個性豊かな大学・短大が集まり,約8万人の学生が,学問や研究に励んでいる全国でも有数の学園都市です。
この制度は,福岡の大学・短大の個性を十分に生かすために,教職課程履修生に限らず,すべての学生を対象としています。さまざまな得意分野をもった学生を受け入れることで,自校の特色をさらに際立たせることができると考えます。
◆「学生サポーター」制度の精神
本制度の精神は,学校では「子どもたちが学生にあこがれをもち,豊かな心の育成」を図るため,大学では「学生に,大学では提供できない学びの場の提供や地域連携の拡大」「大学生の資質や能力の向上」を図るために,お互いに協力して実施することをめざしています。
学校と大学(学生)双方の協力なしには十分に機能しませんし,成果に偏りが出てしまうと,制度の維持が難しくなります。
『学校・大学・学生の三者にメリットがある』というのが,この制度の精神です。
                    「学生サポーター受け入れガイドブック」より


学生サポーターの活動

生まれ変わった倉庫 砂場遊びの道具入れの倉庫に絵を描いてくれました。和白幼稚園のお友だちの横には,ウサギ小屋にいるユキとスバルも一緒です。 とてもかわいい絵に登園してきた子ども達は大喜びでした。

    九州産業大学2年
    活動期間 8月一週間
 
 うさぎさんが来たので、うさぎ小屋の整備を手伝ってもらいました。  
 遊びの中の保育補助

 子ども達と一緒に遊んだり,歌ったり。
子ども達はお兄ちゃん先生やお姉ちゃん先生が大好きです。
     
  
 
   
いっしょにあそんだよ

 
 
   
トップページへ