ホリデイ・トレッキング・クラブ

HOME > 各部より > 進路専科 > 進路専科

○進路支援について

1 目標

 本校の進路指導は、児童一人一人が自らの個性や能力を発見し、可能な限り自分で進路を主体的に選択する力を身に着けることを進路指導基本とします。さらに、児童・生徒一人一人のキャリア発達を支援し、それぞれにふさわしいキャリアを形成していくために必要な意欲・態度や能力を育てることを目指した進路指導に取り組みます。
    
   (1)教職員の連携
     ・全教職員の共通理解のもとに計画的・組織的に取り組みます。
   (2)保護者との連携
     ・児童・生徒を中心として、教職員と保護者相互に理解と協力を深めながら取り組みます。
   (3)関係機関との連携
    ・福祉、労働等、関係機関との連携を密にして取り組みます。
   (4)小・中・高一貫の進路指導

2 具体的な取り組み

○小学部(訪問)
  ・将来の生活を見通した個別の目標設定と支援
  ・家庭や地域での活動の充実、困難なケースの課題解決
・学校見学会、入学説明会の企画推進
  ○中学部(訪問)
  ・将来の生活を見通した個別の目標設定と支援
    ・家庭や地域での活動の充実、困難なケースの課題解決
     ・中学部卒業後の進路に関すること
  ○高等部(訪問)
  ・将来の生活を見通した個別の目標設定と支援
     ・家庭や地域での活動の充実、困難なケースの課題解決
 ・将来の進路を見通した現場実習の推進(1年生後期~3年)
・個別の移行支援計画の作成と、計画に基づいた実践と記録

<個別の移行支援計画>
 高等部の生徒全員対象に,卒業後に関する四者懇談会を開き、そこで聞き取った希望および相談内容、それに対する
支援事項、学習活動の結果等をその都度記録・整理・更新したもの。進路先が決まったら記録を精選し、引き継ぎ
資料として就労場所・事業所等につないでいきます。
 
○その他
 ・進路に関する研修の推進
 ・進路に関する情報共有の強化   
 ・校内コーディネーター委員・支援専科との連携