◆会則

●福岡市技術・家庭科研究会会則
 
第1条  本会は・福岡市中学校技術・家庭科研究会と称する。
第2条  本会は・福岡市中学校技術・家庭科教育の振興・充実を図り,自主的研究の増進と会員相互の
      協和親善に寄与することを目的とする。
第3条  本会の目的を達成するために,次の事業を行う。
      1研究総会 2研究授業  3研究発表会 4共同研究  5研究視察
      6講演懇談会 7実技講習会  8市教委との教育懇談  9その他
第4条  本会の会員は福岡市技術・家庭科の担任関係教師で構成するを本体とする。
第5条  本会の事務局は・事務局長所属の学校に置くを本体とする。
第6条  本会には便宜上,技術部会・家庭部会の二部を置く。
第7条  本会には次の役員を置く。但し,会長,副会長,事務局長,事務局次長,会計,研修部長,
      研修次長,各地区部長は役員選考委員会で選考し・総会の承認を要する。
  一項 役員会
      会 長・・・・・・1名 (技術部・家庭部各2名とし・うち1名が会長に就任)
      副会長・・・・・・3名 
      事務局長・・・・・1名 (技術部・家庭部から必ずどちらかに入る)
      事務局次長・・・・1名
      会計・・・・・・・1名
      研修部長・・・・・2名 (技術部・家庭部から各1名)
      地区部長・・・・・6名(技術部・家庭部の東部・中部・西部より各1名)
      地区事務局・・・・6名(技術部・家庭部の東部・中部・西部より各1名)
      地区研修部・・・・6名(技術部・家庭部の東部・中部・西部より各1名)
      役員選考委員・・・6名(技術部・家庭部の東部・中部・西部より各1名)
      会計監査委員・・・2名(技術部・家庭部より各1名)
  二項 特別委員会
      作品展実行委員会・・6名(技術部・家庭部の東部・中部・西部より各1名)
      特別教室検討委員会・6名(技術部・家庭部の東部・中部・西部より各1名)
       ※役員選考委員会・特別委員会には・技術部と家庭部の代表者を置く。
第8条  各中学校には技術部代表者1名,家庭部代表者1名を置く。
第9条  会長は必要により,特別委員会を設けることができる。
第10条 役員の任期は一ヶ年とする。任期は総会(4月)より総会(翌年4月)までとする。
      但し,再選の場合は重任を認める。
      年間途中で欠員が発生した時は,役員選考委員会で立案し,代表者会にはかって決定する。
      会員の事後承認を得る。
第11条 本会に次の会合を設ける。
      1総会 2代表者会 3各部会 4特別委員会 5役員選考委員会
第12条 本会の経費は,会員の拠出する会費,市補助金,その他の収入をこれにあて,会長が出納する。
第13条 会計年度は総会(4月)より,総会(翌年4月)までとする。
第14条 本会の予算,決算は事務部で作成し,総会の承認を要する。但し,決算は会計監査委員の
      監査を要する。
第15条 本会則の改正は総会で行う。
第16条 本会運営上目的達成のため,顧問若干名置いてもよい。但し,人選は役員選考委員会で立案し,
      代表者会の承認を経なければならない。
第17条 本会則は昭和54年4月1日より実施する。(平成3年4月22日一部改正する)
                         (平成11年4月21日一部改正する)
                         (平成12年4月19日一部改正する)