ブログ

城南小学校のブログです。

ブログ一覧

夏休み前オンライン放送

19日、全校児童を対象に、夏休み前のオンライン放送を行いました。

校長からは、「夏休みにしかできないことを体験する」「交通事故や水の事故に気を付ける」という2点について呼びかけがありました。

また、生徒指導担当からは、夏休みに守ってほしい4つのことについて話をしました。

・水の事故から身を守ろう

・交通事故から身を守ろう

・熱中症に気を付けよう

・インターネットやゲームは、家の人とルールを決めて使おう

上記のことを守り、安心・安全で楽しい夏休みを送ってほしいと思います。

2024年07月19日

平和に関する学習(8.6、8.9)

19日、全校で平和に関する学習を実施しました。今回は長崎、広島への原爆投下についての学習を通して、平和の大切さについて改めて考えました。

今年は終戦から79年目を迎えますが、79年前に起きた出来事は決して風化させてはいけません。この日も子どもたちの実態に応じて、戦争の悲惨さ、平和の大切さを考えていきました。

 

 

2024年07月19日

人権教育全研授業(6年)

8日、人権教育の研究授業を行いました。毎年行っているこの研究授業ですが、今年度は6年生の授業から、部落問題学習について学びました。

杉田玄白、前野良沢らがオランダ語の「ターヘル・アナトミア」をもとに「解体新書」を著したことは有名ですが、その際、実際に参考となる解剖を行ったのは、当時「ケガレ意識」から差別を受けていた人々でした。授業ではあえてその場面に焦点を当て、根拠のない「ケガレ意識」をもつことのおかしさに気付くことができるようにしていきました。

授業後の協議会では、中村学園大学 特命教授の笠原嘉治先生を講師にお招きし、部落差別の実態や社会科の授業での扱い方などについて話をしていただきました。

全職員で人権について考える、有意義な研修となりました。

2024年07月11日

科学わくわく教室(5年)

8日、9日に5年生を対象とした科学わくわく教室を実施しました。

テーマは「電気」。身近ではあるけれど、意外と知らない電気の不思議を体験的に学びました。

電磁石に力を加えると、電気が発生すると知って、一心不乱に装置を振る子どもたち。見たことがない装置を触るだけでわくわくしますね。

日本全体の電力をまかなうほどの電気を発生させるには、風、水、原子力など、大きな力が必要です。講師の先生方と楽しく学習することができたようです。

2024年07月11日

水道教室(4年)

5日、4年生を対象に水道教室を実施しました。(株)サヴィーの方を講師にお招きしました。

浄水器の水と、水道水を飲み比べる子どもたち。味の違いは分かったかな?

安心・安全な水を届けるための工夫や努力について学ぶことができたようです。


2024年07月05日
» 続きを読む